糖質制限 太る

糖質制限で太るにはどうする?

糖質制限は通常ダイエットのために用いられます。

 

そもそも糖尿病の人の食事療法として生み出された食事法ですので、糖質制限をすると基本的に太ることはできません。

 

糖質を摂取すると、エネルギーに代わります。

 

しかし糖質を摂取するとインスリンという物質が放出され、エネルギーとし使いきれなかった糖質を、脂肪に変換してくれます。

 

そもそも人間が基本的に飢えていた時代にできた「エネルギー節約術」のようなものです。摂取したエネルギーを体内に脂肪として貯め込み、いざという時に脂肪からエネルギーを得るという効率的な機能です。

 

つまり糖質をたくさんとって、運動や頭脳労働をせずにぼーっとしていると、摂取した糖質のほとんどは、脂肪に代わることになります。
糖質を食べて、インスリンを出し、運動などをしない、そして糖質が脂肪に代わるというサイクルを繰り返していれば、どんどん体重が増えていくことになります。
糖質をたくさん含んだ食事を食べて、運動不足な生活を送っていくと太りやすいのはこの仕組みを利用しているからです。

 

それでは糖質制限によるダイエットの仕組みをみていきましょう。

 

糖質制限ダイエットでは、ご飯やパスタ、根野菜や砂糖、フルーツなどの糖質を含む食材を食べなければ、「何を食べても太らない」というのが売りのダイエットです。
それではステーキ肉、脂肪分たっぷりのカルビの焼肉などを山盛り食べた場合、体の中ではどのようなことが起こっているでしょうか。

 

タンパク質と資質が豊富なので、まずエネルギーとして使用されます。

 

しかし糖質を摂取しないと、インスリンが体内に放出されません。
インスリンが出なければ、脂肪を作ることができません。

 

そのため食事でいくらタンパク質を豊富に摂取しても、脂質をたくさん摂取しても、インスリンが出ない以上、「脂肪にはならない」ということになります。
脂肪が増えなければ、体重も増えません。

 

こうして糖質制限ダイエットは、実際に成果を上げています。

 

では糖質制限をしながら「太る」ためにはどうすれば良いでしょか。

 

それは筋肉トレーニングをすることです。

 

糖質制限をしている時は、肉料理や魚料理、野菜などを大量に摂取することになります。
これらの食材が体内で分解されると、タンパク質と脂質、ビタミンやミネラルになります。

 

これらの栄養素は、筋肉を作るためにとても重要な栄養素です。

 

筋トレをすると、激しい運動により、筋繊維が破壊されます。

 

この筋繊維が修復されると、以前よりも筋繊維の束が太くなり、筋肥大が起こるんです。

 

こうして筋トレにより、筋肉は大きくなります。

 

筋繊維が修復されるためには、たくさんのタンパク質やビタミンが必要ですが、糖質制限中にステーキや焼き肉などを食べている人は十分にタンパク質やビタミンを摂取することができています。

 

効率的に筋肥大を目指すことができます。

 

筋肉が大きくなれば、太るというイメージとは違うかもしれませんが、体はかなり大きくなります。

 

体重という点で言えば、大幅に増えます。

 

こうして糖質制限をしながらでも「太る」ことは可能になります。

 

 

ドクター・フトレマックス

関連ページ

食事で太る方法とは?
食事で太るには一体どうしたら良いのでしょうか?食事で太る方法を考えてみました。
痩せ型の人が効率的に太れる4つの方法
痩せ型の人が効率的に太る方法は一体どういうものなのでしょうか?痩せ型の人が太るためにする効率的な方法とは・・?
太るにはどうしたらいいか?
太るにはどうしたらいいか?太りたいけど太れないそんな人は太るためにどうしたらいいのか?考えてみました